LolipopサーバにSSHでログインする(パスフレーズ無し)【TIPS】

TIPS

ゴール

以下の手順を実施することで、Lolipopssh接続時に毎回面倒なパスワードや複雑なホスト名を入力せずにLolipopサーバに接続できるようになります。

MACBOOKPRO$ssh lolipop //sshと簡単なホスト名で接続
Last login: Fri Nov  3 00:02:02 2017 from XXX.XXX.XXX.XXX
[main.jp-XXX-XXX@usersXXX ~]$ //ログイン成功

手順

1.Lolipopユーザ管理画面にてsshを有効化する。

lolipopの管理画面でSSHを有効化していきます。

・ユーザ管理画面にログインします。
・画面右側の「サーバの管理・設定」をクリックします。
・開いたメニューより、「SSH」をクリックします。

・「SSHを有効にする」をクリックします。
サーバのSSHが有効になります。

画面に表示された、ホスト名、ユーザ名、ポート番号、パスワードを控えておきましょう。

2.Lolipopサーバにsshで接続する。

続いて、実際にlolipopサーバにsshで接続してみましょう。

・ macでterminal.appを立ち上げます。
・ 以下の通りコマンドを入力します。

>ssh <② ユーザ名>@<① ホスト名> -p <③ ポート番号>
>パスワードを聞かれる password:<④ パスワード>

3.RSA認証鍵を生成する。

ログインができたら、認証鍵(公開鍵・秘密鍵)を生成していきます。
鍵を生成する際にパスワードを聞かれますが、今回はログイン時に聞かれたくないので無しで作ります。

・ 以下のコマンドを入力します。

>ssh-keygen -t rsa

・ 保存先、パスワードを聞かれますが、全て「ENTER」を押します。

Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (<保存先パス>/id_rsa): //「Enter」を押す 
Enter passphrase (empty for no passphrase): //「Enter」を押す
Enter same passphrase again://「Enter」を押す

4.鍵のリネームとパーミッションを変更する。

認証鍵を生成したら、「~/.ssh/」にファイルが作成されているはずです。
公開鍵を読み込ませるために、公開鍵(.pubの方)リネームしパーミッションを変更します。

・ 以下のコマンドを入力し、リネームします。

>mv ~/.ssh/id_rsa.pub ~/.ssh/authorized_keys

・ 以下のコマンドを入力し、パーミッションを変更します。

>chmod 600 ~/.ssh/authorized_keys

5.秘密鍵をローカルにコピーする。

認証鍵を生成したら、続いて秘密鍵(.pubのついていない方)をローカルにコピーします。
ファイル名は「lolipop.key」とします。
※コピーが完了したら、lolipop側の秘密鍵は削除しておいて良いです。

・ 「control + D」でlolipopサーバとのssh接続を一度切ります。
・ 以下のコマンドを入力し、ファイルをローカルにコピーします。

>scp -P<③ ポート番号> <② ユーザ名>@<① ホスト名>:~/.ssh/id_rsa ~/.ssh/lolipop.key

6.ローカルにconfigファイルを作成する。

秘密鍵をローカルにコピーしたら、続いてローカルにてconfigファイルを作成します。
これを作成しておくと、接続時に複雑なホスト名やポート番号を指定しなくてもよくなります。

・ vimやvi等のテキストエディタにて、「~/.ssh/」直下にconfigファイルを作成します。

>vim ~/.ssh/config

・ 内容は以下の通りにします。

Host lolipop
  HostName     <① ホスト名>
  Port         <③ ポート番号>
  User         <② ユーザ名>
  IdentityFile ~/.ssh/lolipop.key

7.接続確認

最後に接続確認をしましょう。
正常にログインができれば完了です。

・ 以下の通りコマンドを入力します。

>ssh lolipop

以上、LolipopのレンタルサーバにSSHでログインする(パスフレーズ無し)の手順でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました