話題の「StrongHands」の相場情報つぶやきBOTをPHPで作成してみた【PHP】

TIPS

はじめに

最近某掲示板でお祭り騒ぎになっている「StrongHands」という仮想通貨をご存知でしょうか。
1000円で1億枚買えるとあって、その秘めたるポテンシャルの高さから多くの方が注目している仮想通貨です。

ただStrongHandsは海外の取引所を利用しているので日本円で今いったいいくらなのかが分かりづらいです。
そこでStrongHandsの価格を取得し、日本円で相場をつぶやくBOTを作成してみました。

開始してまだ2ツイートだけど、フォロワーが50人くらい付いていて話題性の高さが分かりますね。

ちなみに私も1億枚買いました。(現在3000えんくらい)

完成版

こんな感じで、「価格情報」「増加率」をつぶやいています。

ソースコード

  • Twitterとの連携には「twitteroauth」を使用しています。
  • 価格取得には「coinmarketcap」のapiを使用しています。
  • Twitterのapiキーは別ファイル(config.php)で持っています。
<!--?php //twitteroauthを読み込む require_once 'twitteroauth/autoload.php'; require_once __DIR__ . '/config.php'; use Abraham\TwitterOAuth\TwitterOAuth; //coinmarketcapから相場情報を取得する。 $url = "https://api.coinmarketcap.com/v1/ticker/stronghands/?convert=JPY"; $json = file_get_contents($url); $arr = json_decode($json,true); //取得した情報を展開し「日本円($price_jpy)」「増加率($change_24h)」の変数に入れ込む foreach ($arr[0] as $key => $v) {<br ?--> if ($key == "price_jpy"){
$price_jpy = $v;
}
if ($key == "percent_change_24h"){
$change_24h = $v;
}
}

//日時を取得する。
$date = new DateTime();
$dt = $date->format('m/d H:i');

//Twitterつぶやき時のフォーマットを作成する。
$format = "%s のStrongHands価格(日本円)をお知らせします。\n"
. "1剛力  = %s 円 (前日比 : %s パーセント) \n"
. "1億剛力 = %d 円 \n"
. "10億剛力 = %d 円 \n"
. "\n"
. "プロテインはこちらへ↓\n"
. "【SPV4eLwzqt8arMP1QxzfJbEQndYYwyAgAq】\n"
. "\n"
. "#StrongHands #SHND #仮想通貨 #bitcoin\n";

//フォーマットに相場情報などを挿入する。
$body = sprintf($format,$dt,$price_jpy,$change_24h,$price_jpy * 100000000,$price_jpy * 1000000000);

//twitterインスタンスを作成する。
$twitter = new TwitterOAuth(consumerKey, consumerSecret, accessToken, accessTokenSecret);

//投稿する。
$result = $twitter->post(
"statuses/update",
array("status" => $body)
);

//結果のhttpコードが200番だったら成功。それ以外だった場合は失敗と表示させる。
if($twitter->getLastHttpCode() == 200) {
// ツイート成功
echo "tweeted\n";
} else {
// ツイート失敗
echo "tweet failed\n";
}

実行環境について

実行にはレンタルサーバのcronで自動実行させるように設定しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました